賃貸借契約の解約について

賃貸借契約の解約について

賃貸借契約の解約について 賃貸借契約の解約とはどういう手続きなのでしょうか。まず、賃貸借契約の解約には2種類の類型があります。すなわち契約期間の満了にともなう解約と、途中解約です。一般的に、賃貸住宅の契約期間は2年間というケースが多いのですが、契約期間が満了に近づくと、更新か解約かの意思を確認するための書類が届きます。そこで必要書類に記載を澄ませて、期限までに提出すれば、遅滞なく解約をすることができるでしょう。もしどちらの意思も示さぬままに期限が過ぎてしまうと、自動的に契約が更新されてしまうことがあるので、そのあたりはよく注意しておいたほうがいいでしょう。

いっぽう、途中解約をする場合には、ちょっと手間がかかるかもしれません。満了解約の場合には、更新の意思があるかどうかの伺い立てを賃貸住宅の管理者がしますが、途中解約の場合は自らその申し出をする必要があるからです。つまり事前通知をしなければならないということです。引越しの際には、賃貸借契約書にもう一度目を通して、いつまでに事前通知しなければならないのかということをよく確認しておくのが損をしない方法です。1か月から2か月前というのが相場ですが、そこは物件によってまちまちですので、しっかり確認しておきましょう。